道後温泉のまつり・イベント

道後温泉の旅行観光ガイド



道後温泉のまつり・イベント

 道後温泉では、1年を通して様々なイベント・祭があります。春の松山春まつり(道後温泉まつり、お城まつり)に始まり、夏の松山まつりは、たいへん盛り上がります。また、愛媛県内には、西条祭り、新居浜太鼓祭りなど盛大なお祭りが数多くあります。お祭りの時期に合わせて行くのも楽しいものです。

道後温泉まつり

 道後温泉まつりは、道後のお祭りの中でも最も賑やかに開かれます。「湯祈祷祭」を皮切りに長寿餅つきや温泉おどり、時代パレードや女みこしかき比べ郷土芸能大会などの主催行事の他、茶会、山草展、俳句大会、吟詠剣詩舞大会、テニス、ソフトテニス、弓道、ゲートボール大会などの協賛行事も開催されます。2009年は、3/19〜3/21の3日間行われました。 道後温泉まつり

大名・武者行列のひとコマ。2009年は熊田曜子さんがお姫様になられました。

温泉本館の前で太鼓が披露されました。

道後温泉の女みこし。女みこし初めて見ましたが迫力があって良かったです。

松山春まつり(お城まつり)

 松山春まつり(お城まつり)は、松山城小天守の再建の決定を祝い、昭和42年から始められました。「大名・武者行列」をはじめ、市民参加による華やかな催し物が市内中心部で3日間にわたって繰り広げられます。2009年は、4/3〜4/5の3日間行われました。 松山春まつり(お城まつり)

大名・武者行列のひとコマ。2009年は熊田曜子さんがお姫様になられました。

2009年大名・武者行列。熊田曜子さんがお姫様になられました。熊田さんとても綺麗でした!

大名・武者行列のひとコマ。2009年は熊田曜子さんがお姫様になられました。

大名・武者行列のひとコマ。すごい人でしたが、豪華絢爛な衣装や劇も見られて楽しかったです。

松山まつり

 松山まつりは、四国4大まつりとして昭和41年に始まりました。初日に、年々エキサイトする野球サンバ、そして2日・3日目は、野球拳おどりが盛大に行われます。毎年、8月11日から13日までの3日間行われます。前後して松山港まつり(花火大会)が三津浜港で行われます。

西条まつり

 西条まつりは、毎年10月、石岡神社、伊曽乃神社、飯積神社、嘉母神社の4つの神社で行われます。だんじり、太鼓台、神輿が街中を練り歩き、街は祭一色になります。クライマックスは「川入り」。だんじりが神輿の宮入を阻もうと加茂川の中で競い合います。

新居浜太鼓祭り

 新居浜太鼓祭りは、愛媛県新居浜市を代表する秋祭りで、毎年10月16日〜18日の3日間を中心に、金糸銀糸に彩られた50台以上の絢爛豪華な太鼓台(たいこだい)と呼ばれる山車が練り歩くお祭りです。

スポンサーリンク

掲載情報をご利用いただく場合、ご自身の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。
当サイトでは、記載内容の誤りなど一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

Copyright(C) 道後温泉の旅行観光ガイド All Rights Reserved