しまなみ海道

道後温泉の旅行観光ガイド



しまなみ海道

 しまなみ海道は、瀬戸内に浮かぶ島々を結ぶ尾道〜今治間の道路(延長59.4km)です。瀬戸内しまなみ海道と呼ばれることもある。

 本州から四国へ渡る本州四国連絡橋は、(1)神戸・鳴門ルート(2)児島・坂出ルート(瀬戸大橋)(3)尾道・今治ルート(瀬戸内しまなみ海道)の3か所ある。

その中で、しまなみ海道は、島々の景観が楽しめること、サイクリングで唯一渡れることで人気がある。

 海峡部の橋梁としては、新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋(伯方橋、大島大橋)、来島海峡大橋(来島海峡第一大橋・来島海峡第二大橋・来島海峡第三大橋)の10本がある。

尾道から今治までの間には、自由に相互の乗り捨てが可能なレンタサイクルのターミナルが10箇所設置されている。

しまなみ海道の展望台

展望台 [編集]

今治市糸山公園展望台(駐車場有り)

今治市吉海町亀老山展望台(駐車場有り)

 

しまなみ海道の橋

 しまなみ海道は、島々を橋でつないでいる。橋の種類は、吊り橋、アーチ橋、斜張橋と様々で橋の個性を楽しむことができる。また、橋から眺める景観も素晴らしく瀬戸内の自然豊かな景観を楽しむことができる。

新尾道大橋

新尾道大橋(しんおのみちおおはし)は、尾道大橋の西側並行して建設された橋。尾道大橋とは双子橋で、こちらは自動車専用道路となっている。

種類・・・斜張橋
橋長・・・546m

因島大橋

因島大橋(いんのしまおおはし)本州四国連絡橋初の吊橋。当時は最長の最長支持間を誇った。

種類・・・吊橋
橋長・・・1270m因島大橋

生口橋

生口橋(いくちばし)は、生口島と因島を結ぶ斜張橋。完成当時は、最長の中央支持間を誇った。

種類・・・斜張橋
橋長・・・790m

多々羅大橋

多羅大橋(たたらおおはし)は、広島県生口島と愛媛県大三島を結ぶ斜張橋。三径間連続複合箱桁斜張橋。

種類・・・斜張橋
橋長・・・1480m

大三島橋

大三島橋(おおみしまばし)は、瀬戸内海の鼻栗瀬戸に架かるアーチ橋。1979年、本州四国連絡橋の橋の中で最初に開通した橋である。

種類・・・アーチ橋
橋長・・・328m

伯方・大島大橋

伯方・大島大橋(はかたおおしまおおはし)は、国内で初めて鋼箱桁形式が採用さfれた橋です。伯方橋と大島大橋は一体構造になっている。

種類・・・吊橋
橋長・・・伯方橋325m、大島大橋840m

来島海峡大橋

来島海峡大橋(くるしまかいきょう おおはし)は、来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋の総称で、世界初の3連吊り橋である。中央がしまなみ海道、北側に自転車歩行者道、南側にバイク道を併設している。夜間はライトアップされる(期間限定)。

種類・・・吊橋
橋長・・・4105m

来間海峡大橋の夕日

サイクリングロード(サンライズ糸山)

しまなみ海道の「サイクリングロード」は、日本初の海峡を横断できる自転車道です。今治〜尾道間全長80kmのサイクリングを楽しむことができます。自転車は、レンタサクルが充実しているので心配無用。全12ヶ所のレンタサイクルターミナル乗り捨てができるのでとっても便利。しまなみ海道の橋を渡る為には、別途通行料(50円〜200円)が必要です。

しまなみ海道サイクリング

今治のサイクリングターミナル「サンライズ糸山」は、来間大橋と瀬戸内の島々を見ることができます。宿泊施設、レストランもあります。

しまなみ海道サイクリング

レンタサイクル料金は、大人500円、小学生以下300円、保証料1000円(保証料は返却時に返金)2009年時。

しまなみ海道サイクリングロード

スポンサーリンク

掲載情報をご利用いただく場合、ご自身の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。
当サイトでは、記載内容の誤りなど一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

Copyright(C)   道後温泉の旅行観光ガイド All Rights Reserved